水道水と放射能

水道水と放射能

【水道水からのヨウ素検出について】
2011の3月に、東京都水道局金町浄水場で高濃度の放射性ヨウ素が検出されました。

大人にとっては安全でも、乳児は飲んでは危険な数値であると報道されましたが、この事件により日本の水道水に対する安全神話は完全に崩れたと言えます。

店頭からミネラルウォーターは消えて、ウォーターサーバーも品薄の状態が続きました。

厚生労働省は原発事故から3か月以上たってから水道水の安全宣言を出しましたが、日本人の水に対する危機意識は大きく変わったままであると言えます。

【ミネラルウォーターの使用目的の変化】
全国清涼飲料工業会が2011年の4月に行った調査では、約25%の人がミネラルウォーターの使用目的に変化があったと回答しました。

また、そのうちの4割近い人が、ミネラルウォーターを直接飲むだけでなく、料理にも使うようになったと回答しています。

このように、日本の水道水の安全神話が崩れた現在、これからの生活に使う水は自ら選ばないといけない時代に突入していると言えるのかもしれません。

20090331_water00.jpg

安全性で選ぶおすすめウォーターサーバー!