輸入水と国産水

輸入水と国産水

輸入水
輸入されている水は、原水の種類と処理方法によって区分されています。

ナチュラルウォーターは原水が特定の水源から採水された地下水で、ろ過→沈殿→加熱殺菌 によって処理されています。輸入された水には、硬度による分類もあります。

硬度は、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量に対する炭酸カルシウム量に変換して、1リットルあたり何mgと表します。世界保健機構(WHO)のガイドラインでは、世界の水を硬度ごとに4つの区分に分けています。

0~60:軟水
60~120:中程度の硬水
120~180:硬水
180以上:非常な硬水
となります。

国産水
国内のミネラルウォーターのほとんどは軟水で、水中に溶けたカルシウムとマグネシウムの量が少なく、輸入のミネラルウォーターは水中に溶けたカルシウムとマグネシウムの量が多い硬水がほとんどです。
top.jpg

安全性で選ぶおすすめウォーターサーバー!