逆浸透膜の効果

逆浸透膜の効果

逆浸透膜とは、ろ過膜の一種であり、水を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のこと。
英語ではReverse Osmosis Membraneといい、その頭文字をとってRO膜とも呼ばれ、この膜で濾過された水の総称を「RO水」と呼びます。

RO膜の0.0001ミクロンという超極小孔は、一般的なろ過では除去しきれない不純物-
例えばダイオキシンや病原性大腸菌O-157も通さないので、限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

安全・衛生的という面ではRO膜水に勝る水はありません。
しかし一方で、天然水にもともと含まれているミネラルまで除去してしまうので、
よく言えば安全性の高い、悪く言えば栄養分のない、文字通りただの水になってしまうのです。
そのため、RO膜でろ過した後、ミネラル分を人工的に補う方法が多く用いられます。
untitled.jpg

安全性で選ぶおすすめウォーターサーバー!